サバイバル体験に♪中国地方の無人島6選【行き方も】

スポンサーリンク

キャンプができる中国地方(島根・鳥取・広島・岡山・山口)の無人島6選

中国地方、特に瀬戸内海に面したしまなみ海道の付近には多くの無人島があります。
また、その無人島のいくつかはキャンプができるようになっているため、中国地方は知る人ぞ知る無人島天国です。

 

そこでこの記事では、中国地方のキャンプができる無人島を県別にご紹介します。
※一部、キャンプ場周辺にはほぼ人がいない有人島も含みます。

 

GW/夏休みでも混まないので、混雑が嫌いな方にもおすすめです♪

 

島根県のキャンプ&サバイバル体験ができる無人島

島根県でキャンプができる無人島は、隠岐諸島に多くあります。
そこで、その中から3つを紹介します。

 

なお、隠岐諸島へは、島根の境港・七類港より高速船・フェリーで行けます。
境港または七類港 →(高速船:約1時間/フェリー:約2時間半)→ 隠岐各港

 

もしくは、飛行機で隠岐世界ジオパーク空港〈島後〉へ直接行くこともできます。

 

詳しくは、隠岐ユネスコ世界ジオパークのHPでご確認ください。

 

 

隠岐諸島・島津島(渡津島)

 

島津島は無人島ですが、『渡津(島津島)キャンプ場』という場所があります。
ただ、無人島なので施設はほぼトイレのみ。

 

『なにもない』を味わいたいかた、無人島でのサバイバル体験がしたいかたにおすすめです。

 

 

■渡津(島津島)キャンプ場

 

・住所〒684-0100 島根県隠岐郡知夫村薄毛
 来居港より車で約15分
・連絡先
知夫里島観光協会
tel:08514-2-2301

 

・営業期間 通年
・料金  無料
・概要
トイレ あり
入浴施設 あり

 

 

隠岐諸島・中ノ島(有人島)

中ノ島は隠岐諸島のおもな島の1つの有人島です。
無人島ではありませんが、ここにある『明屋キャンプ場(明屋海岸キャンプ場)』の雰囲気が素晴らしいので紹介します。

 

このキャンプ場はエメラルドグリーンの海が素晴らしい!
それでいて設備も(この記事の中では)そろっているので、比較的快適に島キャンプ体験ができます。

 

また、このキャンプ場のもう一つのポイントは、料金。なんとタダです!

 

 

■明屋海岸キャンプ場
・住所〒684-0402  島根県隠岐郡海士町豊田
※菱浦港からバスで25分
・連絡先
海土町観光協会
tel:08514-2-0101

 

・営業期間 通年
・料金 無料
・概要
トイレ あり
入浴施設 あり(お風呂・水シャワー)

 

なお、ごみは専用ごみ袋を100円で購入して捨てる。

 

 

 

 

隠岐諸島・中ノ島(有人島)


ここも有人島だが、いいキャンプ場がある。
名前は吉浦野営場(きちうらキャンプじょう)。

 

このキャンプ場のポイントは2点

  • 魚釣りのメッカなので、釣り好きにおすすめ!
  • お金を払えば貝も採取OK!

通常、貝はどこであっても、勝手に採ると漁業権に引っかかります。
しかし、このキャンプ場ではお金を払えば、貝を採ることもできます。

 

海で魚や食料をGETしてバーべーキューしたい人にはぜひおすすめしたいキャンプ場。

 

■吉浦野営場(きちうらきゃんぷじょう)
・住所
 西郷港から車で約40分

 

・連絡先
吉浦野営場管理棟
tel:08512-5-2475

 

・営業期間 7・8月

 

・料金
入場料1名200円、貸しテント1張り1,500円 テント持込1区画1,500円

 

・概要
トイレ あり
入浴施設 あり

 

 

 

岡山県のキャンプ&サバイバル体験ができる無人島

岡山県は、特にしまなみ海道に近い西側に無人島が多くあります。
また、岡山はタコが多く獲れるため、無人島でタコを釣ることもできます。
(本格的な釣り具があれば、キャンプシーズンの7・8月には真鯛も釣れるらしい。筆者は残念ながら横で見ていただけで、釣ったことはありません)

 

釜島(かましま)

住所:岡山県倉敷市下津井

 

かつては小・中学校もあった島ですが、現在はたまに釣り客が訪れるだけの無人島になっています。
島にはかつて人が住んでいた証として、いまだ建物が残っています。

 

廃墟好きにはたまらない島かもしれませんね。
また、いまは有名ではありませんが、そのうち友ヶ島や軍艦島のように有名になるかもしれません。

 

なお、純粋な無人島なので、当然キャンプ場はありません。
サバイバル体験&探検がしたいかたにおすすめ。

 

行き方

下津井漁港の渡船業者:たい公望
料金:1名2.500〜3.000円

 

 

 

広島県のキャンプ&サバイバル体験ができる無人島

広島県のキャンプができる無人島はいくつかありますが、
ここではアクセスがしやすく、チャーター船の手間もかからない島をご紹介します。

 

龍王島

住所:広島県東広島市安芸津町

 

龍王島には自然体験村があり、キャンプができる無人島として有名です。この島の 「龍王島自然体験村」は、
無人島とは思えないほど、キャンプのための施設が充実している。

 

子どもとのファミリーキャンプにもおすすめできる無人島です。

 

 

■龍王島自然体験村
・住所
東広島市安芸津町三津4398

 

・連絡先
東広島市シルバー人材センター安芸津連絡所
tel:0846-45-5464

 

※予約必須です。受付は平日の8時半〜17時

 

・営業期間 5〜11月(チェックインは9時〜17時)

 

・料金
入場料1人800円、1サイト1日につき800円

 

貸出物品
キャンプ道具(5人用テント):1式1,200円
バーベキューセット(コンロ・網):1式300円

 

・備考
トイレ あり
バーベキュー場 あり
レクリエーションが可能なプレイルームもあります。
キャンプファイヤーも可能

 

 

行き方

JR呉線 風早駅→チャーター船(渡船)→龍王島
渡船・チャーター船については、予約時に東広島市シルバー人材センター安芸津連絡所へ問い合わせください。

 

 

 

山口県のキャンプ&サバイバル体験ができる無人島

 

ありが島

 

マルチタレントとして活躍している清水国明さんが整備した無人島のキャンプ場があります。
島まるごと清水国明さんの所有なので、魚を獲って自分で食べるのも自由。

 

また、船での釣りやSUP(スタンドアップパドルサーフィン)、カヌーなど、マリンレジャーをして遊ぶこともできます。

 

各種設備がそろっていますので、『無人島サバイバル体験』を求められる島ではありませんが、
それでも他にはない素晴らしい体験ができる島になっています。

 

アクセス・行き方や料金などの各種情報は以下のHPからご確認ください。
ありが島リゾート

 

 

 

鳥取県のキャンプ&サバイバル体験ができる無人島

残念ながら、ありません(少なくとも筆者の知る限り)。
鳥取からですと、日本海側の、島根の>隠岐諸島の島々が海もきれいなのでおすすめです。

 

 

まとめ

中国地方の、キャンプができる無人島と、おすすめキャンプ場のある有人島を紹介しました。

 

今回は、本当に『無人島サバイバル体験』ができる島から、
入門編とも言える、アクセス・施設設備ともに十分整っている島まで幅広くご紹介しました。

 

ソロでの本気のサバイバルキャンプから、家族での無人島ファミリーキャンプまで、
気になったところがあれば、ぜひ一度いってみてください。

 

 

 

■キャンプ関連の人気記事



ふるさと納税でコールマンのテントがもらえる!
▼ふるさと納税でテントもらうなら『noma-style』▼

使わないキャンプ用品は売らないと損。
▼キャンプ用品の無料査定サイト▼

マウンテンシティ

関連ページ

関東・都心から行ける!無人島2つ+おすすめプライベートキャンプ場
毎年無人島キャンプに行っている筆者が、関東・都心から行ける無人島への行き方を紹介します。さらに、贅沢な島リゾートキャンプ気分が味わえる海チカ・1日1組限定のキャンプ場(グランピングサイト)についても紹介します
木の上に宿泊してみない?子供にも人気!ツリーハウスのキャンプ場
関東の栃木県にある、ちょっと珍しいキャンプ場『おだぎりガーデン』を紹介します。このキャンプ場の特徴は、なんといっても木の上に泊まれるツリーハウスがあること。子供の冒険心をくすぐるので、家族連れにもおすすめのキャンプ場です。
GW・夏休みでも空きあり♪キャンプ可能な四国の無人島・離島6つ
四国(愛媛・香川・徳島・高知)でキャンプができる無人島、離島を紹介します。もちろん行き方も紹介。GW(ゴールデンウィーク)・夏休みでも空きがあるところでキャンプをしたい!混雑しないキャンプ場で自然を満喫したい!そんな方におすすめです♪繁忙期でも混雑しなくて快適ですよ。
意外と安い!関西・東海の海チカおすすめグランピングスポット3選♪
豪華なキャンプ(グランピング)ができる関西の兵庫県と東海の静岡県のグランピングサイトを紹介します。リーズナブルな値段で島リゾート気分が味わえますよ♪
自然を満喫♪直火・焚き火可能な関東のおすすめキャンプ場5つ
サバイバル体験がしてみたい方におすすめ!各サイトで焚き火・直火ができる神奈川・埼玉・岐阜・栃木・山梨のキャンプ場を紹介します。設備は充実していませんが、キャンプ場ではありませんが、自然の中で焚き火を見ながらリラックスできます♪
GW・夏休みに♪キャンプ・サバイバル体験ができる関西の無人島8つ
GW(ゴールデンウィーク)・夏休みのも空きがあるところで混雑を避けてキャンプがしたい人、無人島サバイバル体験がしたいヒト向けに、関西(大阪・兵庫・和歌山・京都・兵庫・滋賀)のキャンプ場を紹介しています。島への行き方(チャーター船・渡船)の情報もあり。
南の島で無人島生活!キャンプ&サバイバル体験可能な九州の島9選
キャンプができる九州の無人島とおすすめキャンプ場がある孤島を紹介します。行き方も載せますので、サバイバル体験やGW・夏休みのキャンプの参考にどうぞ♪
犬だってキャンプが好き♪ペットもOKな関東のキャンプ場はココ!
関東のキャンプ場の中から、ペット(犬)も連れて行けるおすすめのキャンプ場を紹介します。ワンコが喜ぶドッグランやノーリードで利用できるドッグフリーサイトもあり♪
GW・夏休み、予約を忘れた方へ。関西・関東の予約不要なキャンプ場3つ
繁忙期のGW(ゴールデンウィーク)/夏休みにキャンプ場の予約を忘れた方に。予約不要&低価格でキャンプができるキャンプ場を紹介します。ただ、これらのキャンプ場はどうしても混雑するので、それを緩和するためのコツも紹介します。
 
HOME テントお役立ち情報 おすすめキャンプ場 魅力&体験談