中古テント・タープ売却に。キャンプ用品の高価買取目指すならココ!

スポンサーリンク

中古のテントやタープを売るなら、高く買い取ってもらいませんか

 

古くなったテントや長年使ったキャンプ用品。せっかく売るのなら、少しでも高く売れる方がいいですよね?

 

もし「まぁ、そうかな」とお思いでしたら、この記事の内容が役に立つかもしれません。

 

 

この記事では、

  • 型落ちしたコールマンのテント
  • 長年使って汚れが付いたスノーピークのタープ
  • 倉庫にしまってあってサビがついたロゴスのグッズ

このようなものを少しでも高く売るためのコツや売却先を紹介します。

 

 

このため、次のような予定があれば参考にしてみてください。

  • 古くなったテントを売却して新しいものを買いたい
  • 長年使ってなくて邪魔になっているアウトドアグッズを処分したい

キャンプ用品やテントを高く売るためにやっておいたほうがいい3つのこと

 

キャンプ用品やテントを高く売却するためにやっておいたほうがいいことを3つ紹介します。

 

 

掃除をして汚れ・ゴミを落としておく

 

基本的なことかもしれませんが、汚れ、ごみは取っておいたほうがいいです。

 

『汚れ・ごみがあっても商品の価値は変わらないだろう』とお思いの方。申し訳ないですが、甘いです。買取の査定をするのも人間です。

 

査定する人が、「お、きれいなテントじゃん。丁寧に扱っていたんだろうな」と最初に思うか、「きたなー。ぜったい大事に扱っていないだろう、コレ」と思うかは、経験上けっこう影響が大きいです。

 

 

実際、もし自分が買い取る立場だったら、きれいなテントと汚いテント、どちらに高い値段付けますか?

 

 

わたしなら同じテントならきれいなほうに高い値段付けます。自分たちでメンテする手間が少なくなりますし。

 

 

このため、高く買い取ってもらいたいなら、ある程度掃除はしておいたほうがいいです。
ある程度、です。もう売ってしまうのでほどほどに、それこそ目立つ汚れを取っておけばいいと思います。

 

 

 

購入した際の箱を準備する

 

これは『残っていれば』ですが、購入した際の箱や格納するための箱・予備パーツが残っていれば一緒に持っていったほうがいいです。

 

かなり値段変わります。

 

 

 

保証書を準備する

 

こちらも『残っていれば』です。保証書もあれば持っていったほうがいいです。
あればレシート、領収書とかも持っていいかもしれないですね。

 

ようは、『これは間違いなくこのお店で買ったものですよ。保証もあるし安心できるものです』ということを証明して、買取査定をする人を安心させるためのものです。

 

 

  • 掃除をして汚れ・ゴミを落としておく
  • 購入した際の箱を準備する
  • 保証書を準備する

 

これらは基本的ですが、体験上、やっておくと買取価格が変わるのでやっておいたほうがいいかと思います。

 

では、次にこれらを高く売るために販売先について比較していきます。


比較!どの方法が一番おすすめ?リサイクルショップvsフリマ・オークションvs買取専門店

テントやタープ・それにランタンといったキャンプ用品を売却する方法は3つ考えられます。

 

中古のテント・キャンプ用品を売る方法3つ
  • 近くのリサイクルショップに持ち込む
  • フリマ・オークションアプリを利用する
  • アウトドアグッズ専門店の宅配買取を利用する

 

 

これらの方法を比較して一覧表にするとこんな感じになります。

 

売却方法売る手間売却価格買取料を受け取るまでの期間
リサイクルショップあまりかからないとても安い即日
フリマ・オークションアプリかかる普通〜とても高い数日〜売れるまで
専門店の買取あまりかからない高い2週間ほど

 

抽象的な書き方で申し訳ないですが、そのグッズの種類・状態によって変わるので『こんな感じか』とざっくり捉えて頂ければと思います。

 

それでは、これらをそれぞれメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

近くのリサイクルショップに持ち込む

 

車さえあれば、近くのリサイクルショップに持ち込む方法が一番手間はかかりません。
また、即日で査定〜買取金額の受け取りまでできます。

 

手間をかけたくなくて、すぐに現金化したい場合はこの方法がいいと思います。

 

 

ただ、その分買取金額は安くなります。
コールマンやスノーピークのブランドのテントでも数千円いったらいいほうです。

 

あとで紹介するフリマ・オークションアプリでの売却なら数万円いくものでも、まず1万円はいきません。

 

 

このため、高く売りたいなら選ぶべきではない方法です。

 

 

フリマ・オークションアプリを利用する

 

2番目の方法は、ヤフオクなどのオークションアプリや、メルカリなどのフリーマーケットアプリを利用する方法です。

 

 

この方法は個人⇔個人で売却しますので、間にショップを挟まない分うまくいけば非常に高値で売ることが可能です。

 

ただ一方で、出品の際に汚れや傷などをきっちり撮影していなかったりするとトラブルのもとになりますし、どうしても値引き交渉などの相手をする必要があります。

 

また、売れるタイミングはその時次第です。アウトドアグッズは夏に向けて売れるので特に秋や冬は悲しいほど売れません。

 

 

このため、

  • ご自身の持っているテントやグッズの中古での相場がわからない
  • 値引きのやり取りなどで手間をかけたくない
  • 倉庫の整理などで早く手元からそのグッズをなくしたい

というかたには向かない方法です。

 

 

ただ、裏を返せば次のような方には非常に向いています。

  • 中古でのテント・グッズの相場がなんとなくはわかる
  • 値引き交渉どんとこい!むしろそういうやり取り好き
  • 売れるまで気長に待てる

 

繰り返しになりますがフリマアプリの取引は個人⇔個人のため、うまくいけば一番高く売れますので。

 

チャレンジしてみるつもりなら、まずは一番規模の大きいフリマアプリ『メルカリ』をインストールしてみて、ほかの人が出品しているテントなどのキャンプ用品の価格を見てみることをおすすめします。

 

高く売るなら、ライバルの偵察は大事ですので。

 

 

 

アウトドアグッズ専門店の宅配買取を利用する

 

アウトドアグッズの専門店での買取はリサイクルショップのように安いということはありません。それでいて段ボールに詰めてショップに送るだけなのでなかなか手軽です。

 

状態にもよりますが、アウトドアブランドのグッズならこれくらいの値段で買い取ってもらえます。

 

アウトドアグッズ専門店での買取り金額例

  • 【スノーピーク】テント・アメニティドームL→29000円
  • 【コールマン】テント・Octagon 98→76000円
  • 【パタゴニア】ジャケット・メンズ・クラウド・リッジ→19000円

 

さすがにメルカリなどのフリマアプリでうまく売れた時よりは安いですが、リサイクルショップに持ち込むよりは圧倒的に高く売れます。

 

また、査定を専門のバイヤーがすることも多いので、自分自身が持っているテントの中古での相場について把握していなくても適正な価格で売れます。

 

 

ただ一方、売った金額を手にするまでの期間は、リサイクルショップのように即日というわけにはいきません。
メルカリなどで高く売れるまでの期間に比べると短いことが多いですが、それでも買取金額を受け取るまでには2週間程度時間がかかることがあります。

 

 

このため、

  • さすがに安すぎる価格では売りたくない
  • あまり手間をかけずに適正な価格で売りたい
  • すぐに買取料金を手にする必要はない

というかたはこのアウトドアショップで買い取ってもらう方法をとればいいと思います。

 

 

買取りをしているショップの中で特におすすめなのは、『マウンテンシティ』というところです。

 

買取価格の他店対抗を打ち出しているため、その買取価格はアウトドアグッズを買い取る店の中でも特に高いですし、買取の査定が無料ですので。

 

 

買い取ってもらえるキャンプ・登山用品例

【アウトドアのブランド】
モンペル、パタゴニア、ノースフェイス、アークテリクス、コールマン、スノーピーク、ユニフレーム、コロンビア、マムート、グレゴリー、ガーミン、グリベル、ブラックダイヤモンド、ロゴス

 

【グッズの種類】
テント、タープ、マット、バックパック、GPS、アイゼン、レインウェア、登山ウェア、手袋、帽子、ハンモック、ハーネス、ピッケル、寝袋(シュラフ)、ゴアテックス、登山靴、カヌー

 

 

 

紹介した方法の中で一番のおすすめは?

 

3つの方法を紹介しましたが、この中で私が一番おススメなのは買取業者を利用することです。

 

リサイクルショップのように極端に買取価格が安いわけでもなく、フリマアプリのように自分で適正な相場を調べて取引をする手間をかける必要もありません。

 

 

段ボールに買い取ってもらうものを詰めておくるだけの手間で、そこそこ高い価格で買い取ってもらえるので、かけた手間と買い取りによって得られる金額のバランスが一番いいと思っています。

 

 

もしあなたがコールマンやスノーピークのキャンプ用テント・タープ、パタゴニアのジャケットなどをお持ちでしたら、一度マウンテンシティの査定に出してみてください。

 

査定は送料含めて無料なので、『フリマアプリを利用する前に適正価格を知りたい』という利用方法にも活用できますので。

 

 

▼マウンテンシティ公式▼

マウンテンシティ

 

 

 

 

 


ふるさと納税でコールマンのテントがもらえる!
▼ふるさと納税でテントもらうなら『noma-style』▼

使わないキャンプ用品は売らないと損。
▼キャンプ用品の無料査定サイト▼

マウンテンシティ

関連ページ

はじめてキャンプをするかたに!テントの種類・特徴と選び方
私の実際の体験をもとに、キャンプが初めてのかた向けにテントの種類(ドーム型、ツールーム型、ティピー(モノポールテント)型)・特徴と選び方のポイントを紹介します。主なポイントは設営が楽か・長持ちするか・価格はどれくらいのものがよいか。ここを詳しく説明します。
おすすめワンポールテント!ドッペルギャンガーT8-200の特徴
家族でのファミリーキャンプやはじめてのキャンプにおすすめのワンポールテント(ティピー型テント)、ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER OUTDOOR)の特徴やメリット・デメリットについて解説します。
特徴とメリットデメリット紹介。コールマンテント タフワイドドーム
初心者のかたや夏休みなどの暑い時期のキャンプにおすすめのドーム型テント、コールマン タフワイドドーム4/300の特徴やメリット・デメリットをまとめます。
知ってますか?キャンプ用テントはレンタル可能♪安くておすすめです
キャンプにはじめて行く方、キャンプ用テントの購入を検討中のかたで、お試しで使ってみたい方に。おすすめのキャンプ用品・グッズのレンタル店を公開します。さらに、それらを比較、おすすめのところを紹介。送料無料&キャンセル料無料のところもあります。
設営が楽&長持ち!キャンプ初心者にはこのドーム型テントがおすすめ
はじめてキャンプがしてみたい方に向けて、私が実際に使っているドーム型テント『スノーピーク アメニティドーム』の魅力を紹介します。なお、私は実用性重視のため、設営が楽、長持ちする、安いと言うことを重視しています。
家族用テント比較 子供連れファミリーキャンプにおすすめなのはコレ
家族でのキャンプ用テントの購入を検討している方向けに、ファミリーキャンプにおすすめのテントを紹介します。テントのタイプ(ドーム/ツールーム/モノポール/ティピー)別に特徴を比較して紹介しますので、キャンプはじめてのかたも参考にしてみてください。
 
HOME テントお役立ち情報 おすすめキャンプ場 魅力&体験談