意外と安い!関西・東海の海チカおすすめグランピングスポット3選♪

スポンサーリンク

グランピングは意外と安い? 1万円台〜利用できます!

グランピングとは、手ぶらでできる豪華なキャンプのことです。
キャンプにつきものの面倒な作業

  • テント設営
  • 調理と洗い物
  • 撤収時の片づけ

 

これらを一切することなく、おしゃれなテント(ヴィラ)で寝泊まりし、満天の星空を満喫できるキャンプです。

 

グランピングサイトは、基本的に各テントの区画を多くとっていたり、その場所に入場できる人の数を制限しています。
これは、訪れた人にリゾート感覚を味わってもらい、リラックスしてもらうためのもの。

 

このため、キャンプにつきものの『ごみごみ』『遊びにいったのに疲れた〜』ということはありません。
ただただ、リラックスできます。

 

ただ、こういうと「でも、お高いんでしょう?」とお思いかと思います。

 

はい、正直、普通のキャンプ場(2000円〜)に比べると高いです。
でも、テントもキャンプ道具も不要なので、それらの値段の分、たまにしかキャンプにいかないのであればむしろ安いかもしれません。

 

意外と、1万円台から利用できます。

 

これでいて、島を独占出来たり、食事も部屋まで運んでもらえたりします。
高級リゾート並みのサービスのところもあります。

 

それが、1万円台から利用可能。そう考えるとお得じゃないでしょうか?

 

今回は、そんなグランピングができるスポットのうち、特に海に近く、南国のリゾートに行ったような気分が味わえるスポット3つを紹介します。

 


プライベートビーチ付き!西伊豆の1日1組限定グランピングスポット『REN VILLAGE(レンヴィレッジ)』

住所 静岡県 賀茂郡 西伊豆町 田子港
アクセス(行き方) 車 :東名高速・沼津ICから伊豆縦貫道、修禅寺道路にのり、100分で田子港。

電車:箱根鉄道 駿豆線 修禅寺駅から西伊豆東海バスで80分の田子バス停下車、徒歩1分で田子港。

 

・田子港からはスタッフに連れられ、船にて上陸。

連絡先 REN VILLAGE(レンヴィレッジ)

0558-36-4063

営業期間 3〜12月(1日1組限定なので、早めの予約必須)
料金 大人:16200円/人 (2日間)

子ども:8100円/人 (2日間)

ホームページ http://ren.villageinc.jp/index.html
特徴 ・1日1組限定のグランピングサイト。自分たちだけしかいないので、極上の空間を独占!

・ケータリング・シーカヤック・クルージングは別途料金が必要
・GW(ゴールデンウィーク)・夏休みなどの繁忙期は特に早めに予約しないとまず予約できません
・予約は【平日】大人4名以上、【休日】大人6名以上から
・同じ集合場所の田子漁港からいくAQUA VILLAGEという姉妹サイトもあり。こちらも1日1組限定

 

 

『大人の秘密基地』をコンセプトに作られたグランピングスポットです。

 

そのコンセプト通り、ここにはわくわくする仕掛けがいっぱい。
まず、この場所には船でしかアクセスできません。

 

このため、最寄りの港までスタッフが迎えに来てくれます。

 

そしてスタッフに連れられてたどり着く入江、その奥に『REN VILLAGE』のテントサイトはあります。
そこは元々段々畑だったところですが、いまはまったく周囲に人の気配はありません。

 

1日1組限定なので、いるのは自分たちだけ。
あとは圧倒的な自然だけの空間です。

 

そんなところで迎えてくれるのは、豪華なベルテントと、風にゆれるハンモック。

 

テントサイトの背後には高台があり、そこから眺める景色も格別!

 

優雅にお昼寝するもよし、シュノーケルやシーカヤック、釣りをするもよし。
ここでの過ごし方はその人の自由。

 

仲間と、家族と、恋人とこの極上空間を1人占めできます。

 

 


都心からアクセス良好!熱海近くのグランピングスポット『初島アイランドリゾート』でリゾート気分を♪

住所 静岡県 熱海市 初島 初島アイランドリゾート
アクセス(行き方) 熱海港または伊東から定期船が出ている。

ここでは代表的な熱海港を利用するルートを記載。
車  :東名高速 厚木ICから小田原厚木道路を経由し60分で熱海港。
電車:JR東海道新幹線 熱海駅下車。バス乗り場7番線より熱海港行きに乗り、10分の『熱海港』下車

 

熱海港からは1日9便高速船が出ている。25分で初島港につく。

 

連絡先 初島アイランドリゾート PICA予約センター

0550-30-4580

営業期間 通年

予約は利用日の3か月前〜

料金 テントヴィラ:大人9400円〜 / 子ども:8600円〜

トレーラーヴィラ:大人10700円〜 / 子ども:10250円〜
※いずれも朝食夕食込みの値段

ホームページ https://www.pica-resort.jp/hatsushima/
特徴 ・熱海駅から近いので、東海からも関東、都心からもアクセス良好

・2食付きで10000円前後
・ダイビングスポットに近いので海は透明度が高い。また体験ダイビングもできます。

 

人気の温泉地、熱海から船を利用して30分でいける離島『初島』にあるグランピングスポット。

 

初島は南からの海流から流れてくる豊富な栄養分から「天然の漁礁」と呼ばれるほど豊かな海。
もちろん透明度も抜群。

 

そんな海を見下ろす小高い丘の上に並んでいるテントとトレーラーのヴィラがこのグランピングスポットの宿泊地。

 

より自然を感じたいなら、テントヴィラがおすすめ。テント生地越しに海と風、自然を五感で感じられます。
一方、小さな子供がいる場合は、ヴィラにシャワー・トイレ・キッチンを完備しているトレーラーがおすすめです。

 

どちらも1泊2食付きで、寝具から食器まで用意されているので、手ぶらでOK.
冷暖房付きで快適に過ごせます。

 

眺めのよいデッキでリラックス。部屋まで運ばれてくる料理を楽しみ、最後は見晴らし抜群の大浴場につかる。

 

そんな最高のひと時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。


関西にもある!瀬戸内海で海外のグランピング気分を♪無国籍風グランピングサイト『FBI AWAJI』

住所 兵庫県 洲本市五色町鳥飼浦 2359
アクセス(行き方) 車:北淡ICより県道31号線を南へ車で約30分。31号線沿いにある船の形の喫茶店『宝舟』が目印。そこの向かいの細い下り坂を下りるとFBI
連絡先 FBI AWAJI(First class Backpackers Inn. / 船瀬ビーチイン)

0799-34-0900

営業期間 4月下旬〜10月末

予約は利用日の2か月前〜

料金 常設テント@ TIPI 18000円(最大6名まで)

常設テントA JERRY 25000円(最大6名まで)
キャビンの1棟レンタル 28000円〜(定員4名のキャビン)
※TIPIはベッドがないので注意。寝袋のレンタルは800円/日

ホームページ https://www.fbi-camping.com/awaji/
特徴 ・世界を回った旅人達が海外のゲストハウス・グランピング施設の魅力を味わえるよう作った施設。

・海岸近くの『BEATCH AREA』とやや高台の『SEA VIEW AREA』にわかれている。
・宿泊スタイルも自分でテント持ち込み〜貸し切りキャビンまで様々。自分のスタイルに合わせて楽しめる。
・食事はビーチにあるレストラン&バーでも、自分達のサイトでBBQでも食べられる。
・グランピング施設としては破格の安さ

 

FBI AWAJIは世界を旅した仲間たちが海外の雰囲気を味わえるよう作った施設。

 

サイト内のキャビンや常設のテントサイトは旅をしたスタッフたちが手掛けたもの。

 

それぞれが好きな国のテイストを取り入れ、設計されている。
寝具や小物、はたまたレストランの設備も外国製で、「いま自分はどこにいるんだろう」と日本にいることを忘れてしまうような雰囲気を味わえる。

 

他のグランピング施設と違って『なにからなにまで準備してくれる』というサイトではないものの、
全体的にリーズナブルなのは、元バックパッカーの旅人たちがつくった施設ならでは。

 

関西からほど近い場所で味わえる無国籍風グランピング、一度味わってみるとやみつきになるかもしれません。


まとめ

今回は、海に近いグランピングスポットを3つ紹介しました。

 

グランピングは、手軽に、意外とリーズナブルな価格でリゾート気分を味わえるのでおすすめです。

 

  • キャンプの準備をするのは面倒……
  • 島でのキャンプもやってみたいけど、1からやってみるのはどうすればいいのかわからない
  • たまには南国の島のリゾート気分を味わってみたい

 

こんなかたは一度、今回紹介した施設に行ってみてください。
※いずれもすぐに埋まるので予約はお早めに……

 

 

 

■キャンプ関連の人気記事


ふるさと納税でコールマンのテントがもらえる!
▼ふるさと納税でテントもらうなら『noma-style』▼

使わないキャンプ用品は売らないと損。
▼キャンプ用品の無料査定サイト▼

マウンテンシティ

関連ページ

関東・都心から行ける!無人島2つ+おすすめプライベートキャンプ場
毎年無人島キャンプに行っている筆者が、関東・都心から行ける無人島への行き方を紹介します。さらに、贅沢な島リゾートキャンプ気分が味わえる海チカ・1日1組限定のキャンプ場(グランピングサイト)についても紹介します
木の上に宿泊してみない?子供にも人気!ツリーハウスのキャンプ場
関東の栃木県にある、ちょっと珍しいキャンプ場『おだぎりガーデン』を紹介します。このキャンプ場の特徴は、なんといっても木の上に泊まれるツリーハウスがあること。子供の冒険心をくすぐるので、家族連れにもおすすめのキャンプ場です。
GW・夏休みでも空きあり♪キャンプ可能な四国の無人島・離島6つ
四国(愛媛・香川・徳島・高知)でキャンプができる無人島、離島を紹介します。もちろん行き方も紹介。GW(ゴールデンウィーク)・夏休みでも空きがあるところでキャンプをしたい!混雑しないキャンプ場で自然を満喫したい!そんな方におすすめです♪繁忙期でも混雑しなくて快適ですよ。
キャンプ&サバイバル体験に♪中国地方の無人島6選【行き方も】
無人島でキャンプ&サバイバル体験がしたいヒト向けに、中国地方(岡山・広島・島根・鳥取・山口)のキャンプができる無人島を紹介しています。島への行き方(チャーター船・渡船)の情報もあります。
自然を満喫♪直火・焚き火可能な関東のおすすめキャンプ場5つ
サバイバル体験がしてみたい方におすすめ!各サイトで焚き火・直火ができる神奈川・埼玉・岐阜・栃木・山梨のキャンプ場を紹介します。設備は充実していませんが、キャンプ場ではありませんが、自然の中で焚き火を見ながらリラックスできます♪
GW・夏休みに♪キャンプ・サバイバル体験ができる関西の無人島8つ
GW(ゴールデンウィーク)・夏休みのも空きがあるところで混雑を避けてキャンプがしたい人、無人島サバイバル体験がしたいヒト向けに、関西(大阪・兵庫・和歌山・京都・兵庫・滋賀)のキャンプ場を紹介しています。島への行き方(チャーター船・渡船)の情報もあり。
南の島で無人島生活!キャンプ&サバイバル体験可能な九州の島9選
キャンプができる九州の無人島とおすすめキャンプ場がある孤島を紹介します。行き方も載せますので、サバイバル体験やGW・夏休みのキャンプの参考にどうぞ♪
犬だってキャンプが好き♪ペットもOKな関東のキャンプ場はココ!
関東のキャンプ場の中から、ペット(犬)も連れて行けるおすすめのキャンプ場を紹介します。ワンコが喜ぶドッグランやノーリードで利用できるドッグフリーサイトもあり♪
GW・夏休み、予約を忘れた方へ。関西・関東の予約不要なキャンプ場3つ
繁忙期のGW(ゴールデンウィーク)/夏休みにキャンプ場の予約を忘れた方に。予約不要&低価格でキャンプができるキャンプ場を紹介します。ただ、これらのキャンプ場はどうしても混雑するので、それを緩和するためのコツも紹介します。
 
HOME テントお役立ち情報 おすすめキャンプ場 魅力&体験談