南の島で無人島生活!キャンプ&サバイバル体験可能な九州の島10選

スポンサーリンク

GW・夏休みでも空きあり♪おすすめの九州 離島・無人島キャンプ場への行き方

GW・夏休みの混雑は半端じゃありません。
せっかくキャンプ場にいっても、混んでいて楽しめないということもあります。

 

しかし、多少交通に手間をかければ、繁忙期でも混んでいないキャンプ場は数多く存在します。
今回紹介する10か所の九州の離島・無人島のキャンプ場もその1つ。

 

混んでいるところには行きたくない!せっかくの休日、人がいないところでリラックスしたい!という方に
おすすめの九州の離島・無人島キャンプ場を紹介します。

 

福岡県のキャンプができる無人島・離島

 

九州で最も人口が多い県、福岡県。この福岡県、それも福岡市の近くにもキャンプができる島があります。
それが、今回ご紹介する島。能古島。

 

能古島(のこのしま)(※有人島)

 

能古島は福岡市の北西に位置し、博多湾にある島です。

 


能古島は、福岡県福岡市西区に所属する島である。博多湾の中央に浮かんでいる。
大都市の目の前にありながら僅か10分の船旅で都会の喧噪を忘れられるとあって、
福岡市民の身近な行楽地として親しまれる。
出展:wikipedia

 

そんなこの島にも熊古島キャンプ村というキャンプ場があります。
行楽地として人気なだけあり、以下で紹介するほかの離島に比べると繁忙期には正直混んでしまいます。

 

しかし、福岡市街から10分というアクセスの良さはすばらしいので、
遠出は厳しいけど島でキャンプしてみたい時などに利用してみてください。

 

 

■熊古島キャンプ村・海水浴場

住所 福岡市西区熊古島
アクセス

福岡市営フェリーが姪浜渡船場⇔熊古島を結んでいる。
熊古島の船着場からは7-9月は送迎バスあり。それ以外に期間は事前連絡の上、迎えにきてもらう

連絡先 092-881-0948
営業期間 5月〜9月
料金(概算)

テント持ち込み:大人1泊1,200円・小中学生800円・3歳以上500円
バンガロー:大人1人1泊 3,000円〜

ホームページ http://www.nokonoshima.com/mura1.html
特徴

・調理器具・寝具の一通りのレンタルは可能です。また、バーべキューの食材も販売しています。
・売店もあり。ただし、島にはコンビニとかはないので、必要なものがあれば福岡市街で購入のことです。
・設備はあるが、離島の無人島としてはにぎやか。静かさを求めるならもうちょっと遠くへ足を伸ばすことがおすすめ

 

 

 

 

長崎県のキャンプができる無人島・離島

 

長崎県は実は非常に離島が多い。特に南西部は九十九島という総数が208にもおよぶ群島があります。
ここは群島が波をさえぎってくれるため波が非常に穏やかで、知る人ぞ知るカヌーのメッカとなっている場所です。

 

そこで長崎県では、キャンプ場がある離島と、キャンプ場がない本当の無人島2つを紹介します。
※キャンプ場がある離島も、キャンプ場とはいっても、管理する団体があるだけで設備はなにもない場所です。
  がっつり準備していく必要があります。

 

長崎県平戸市・的山大島(有人島)

 

佐世保からバスで1時間半で平戸市の平戸桟橋へ。
そこから村営の『フェリー大島』を利用して約40分でつく島です。

 

このアクセスの悪さから予想がつくように、いつでもまったく混みません。完全な離島です。
キャンプ場は『天の原キャンプ場』『大賀キャンプ場』があります。

 

キャンプ場まではバイクか車必須です。

 

 

■天の原キャンプ場
 width=
高台にあるので、景色はよいです。また、近くの海も非常にきれい。

 

■大賀キャンプ場
 width=
ザ・原っぱ。

 

 

問い合わせ先:どちらも平戸市観光課  0950-22-4111

 

景色は天の原キャンプ場のほうがよいですが、大賀キャンプ場のほうがまだ民家に近く、アクセスはしやすいです。
どちらにせよ、ほぼなにもない場所ですので、準備はしっかりとして向かってください。料金はいずれも無料です。

 

 

田島・金重島・ 鼠島(それぞれ九十九島の1つ)


いずれもシーカヤックで行くことができますが、土地の所有者の許可やら、
どの島が無人島に的しているか、など初めはわからないと思いますので、
まずはツアーなどに参加して体験してみるとよいと思います。

 

■アウトドアショップフリーダム(佐世保シーカヤックセンター)

住所 長崎県佐世保市元町3-8
連絡先 0956-24-8224
ホームページ https://www.freedom99.jp/
概要 九十九島無人島体験ツアーをはじめとする個人旅行向けのショップ。

 

 

 

 

 

大分県のキャンプができる無人島・離島

 

大分県では臼杵市の北東、臼杵湾に浮かぶ無人島『津久見島』でキャンプができます。

 

津久見島(月見島)


臼杵湾の沖合約7kmにあり、その形から「おにぎり島」「月見島」とも呼ばれる島です。
浜が一部開けており、海水浴場とキャンプ場・民宿があります。

 

また、釣りのポイントとしても有名な島。

 

■津久見島キャンプ場

住所 臼杵市津久見島
アクセス JR臼杵駅から徒歩7分で臼杵港へ、そこから船で20分(予約必要です)
連絡先 津久見島荘:0972-66-5127
営業期間 5月〜10月
料金(概算) 入村料300円。渡船料金(往復)大人1000円/人・子ども500円/人が別途必要
ホームページ なし
特徴

・例のごとくキャンプ設備はあまりありません。
・バンガローもあるので、いきなり離島キャンプはハードルが高い方はそちらに宿泊してもよいかもしれません。
 バンガローも問い合わせ先は同じです。

 

 

 

佐賀県のキャンプができる無人島・離島

現在、未発見。調査中です。

 

 

熊本県のキャンプができる無人島・離島

熊本県は、南西部の天草市周辺に無人島がいくつかあります。
本記事ではそのうちの2つを紹介します。

 

産島


天草市にある無人島。島の北側にキャンプ場やバンガローがあります。

 

■産島キャンプ場

住所 天草市河浦町宮野河内 産島
アクセス

天草空港から車で45分の上平港より渡船で5分。
※渡船は下記の地元代表連絡先へお尋ねください

連絡先 地元代表連絡先:0969-78-0670
営業期間 6月〜8月
料金(概算)

渡船(往復)大人1,000円・子供(小学生以下)500円
バンガローもあり、そちらは1棟5000円

ホームページ http://www.t-island.jp/p/spot/detail/92
特徴

・市内からほど近い位置にある無人島のキャンプ場。
・電気・ガス・風呂はありませんが、簡易トイレ・シャワーはあります。

 

 

 

 

 

あまくさ野釜島(有人島)

天草市街と野釜大橋で結ばれており、車でいける島です。
島ではありますが、車でいけますので交通の便は本記事の他の島と比べると良好。

 

また、管理人が常駐するキャンプ場『八福キャンプ場』があります。

 

 

■あまくさ野釜島 八福キャンプ場

住所 熊本県上天草市大矢野町上野釜
アクセス 九州自動車道・松橋ICより車で1時間
連絡先 0964-56-3883
営業期間 6月〜9月(管理人がいる期間)
料金(概算)

1区画1000円+入村料大人500円/人・子ども300円/人
※テントレンタルも3500円でやっています。

ホームページ http://kaizaki.com/hachifuku/
特徴

・バーベキューセットや各所キャンプグッズのレンタルができるキャンプ場。手ぶらでも大丈夫。
・売店には花火や浮き輪・ビールなども販売しています。
・焚き火はOKですが、夜はカラオケなど騒がしくする行為は禁止です。
・島の無人島ですが、施設が充実しています。便利・快適なため、島のキャンプ場としてはヒト多めです

 

 

 

宮崎県のキャンプができる無人島・離島

町の観光協会が管理し、夏の7・8月の2か月間だけキャンプ場として開放される無人島『乙島』があります。

 

乙島


夏場の7・8月、2か月だけ解放される無人島。
島には動物がおり、洞窟もあり、冒険心がくすぐられます。

 

また、無人島ですが施設は充実しており、バンガローもあります。それでいてあまり知られていないので混みません。

 

混雑度と施設の充実度・アクセスのしやすさのバランスが、本記事で紹介した島の中で、
私が1押ししたい島です。

 

■夢人島サバイバルアイランドキャンプ場(乙島のキャンプ場)

住所 宮崎県東臼杵郡門川町門川湾沖 乙島
アクセス

JR日豊本線 門川駅近くの漁港、門川港か庵川港より渡船が出ています。
・渡船業者
 └門川港:清栄丸0982-63-1035 / 知幸丸0982-63-0770
 └庵川港:乙島丸0982-63-4567 / 功丸0982-63-4275
※渡船料金(往復) 大人1,500円  小人(小学生以下)1,000円

連絡先 門川町観光協会 電話:0982-57-4110
営業期間 7.8月
料金(概算)

1区画1500円。
バンガローは3500円

ホームページ http://www.town.kadogawa.lg.jp/modules/content009/index.php?id=5
特徴

・町の観光協会が管理しているため、料金安め。
・レンタルが充実しており、水と食材を持っていけば基本的なキャンプ道具は借りれますのでキャンプ可能です。
・島も訪れる人数に対して広いので、ごみごみすることはありません。おすすめのキャンプ場です。

 

 

鹿児島県のキャンプができる無人島・離島

鹿児島県には知林ヶ島(ちりんがしま)、屋久島、トカラ列島と多くの島がありますが、
ただ、いずれも島ではキャンプができなかったり、行くのにあまりに多くの時間がかかったりします。

 

ただ、そんな中、ここで紹介する『あまね大島』は比較的行きやすい&透明度の高い海が目の前なので、
南の島でキャンプしてみたい方は、まずはここに行ってみてはいかがでしょうか。

 

あくね大島


鹿児島県阿久根市にあり、南国海運の渡船を利用していく無人島です。
キャンプ場もバンガローもあります。

 

■阿久根大島公園キャンプ場

住所 鹿児島県阿久根市波留 鹿児島県阿久根市波留6656−1
アクセス

車:カーナビに南国海運 阿久根市晴海町10を入れるとつく南国海運の渡船場より
定期船を利用
肥薩おれんじ鉄道阿久根駅から徒歩15分ほどの南国海運の渡船場より
定期船を利用。
定期船の時刻は時期によって変わるので、南国海運:tel0996-72-0028へ問い合わせお願いします。

連絡先 あくね大島予約センター 電話:0996-72-5920
営業期間 海開きの期間(※予約は4/1より。詳細は上記連絡先にお問い合わせください)
料金(概算)

テントは1区画300円。
バンガローは4320円。海の家は2610円〜

ホームページ http://www.akune-oshima.com/index.html
特徴

・海水浴場も併設されている無人島キャンプ場
・マリンレジャーや各種キャンプグッズのレンタルもあり。
・海は抜群にきれい
・島には鹿がいる

 

 

 

沖縄県のキャンプができる無人島・離島

日本でありながら亜熱帯に属する県、沖縄。ここには当然いくつも無人島があります。
その中でも一押しの島をご紹介します。

 

南浮原島

 

沖縄県うるま市勝連の比嘉港より渡船で行ける1日3組限定上陸の無人島。
島にはなにもありません。水、テント含め、準備はしっかりとしていきましょう。

 

■ヒューマンリレーション

連絡先 0956-24-8224
料金 5000円/人(最長4泊まで)
ホームページ http://www.playguide.org/ad/camping/index.cgi
概要 なにもない南の島です。美しい海を眺めながら、レッツサバイバル!

 

 

まとめ

 

この記事では九州のキャンプ&サバイバル体験ができる無人島を紹介しました。

 

九州、特に鹿児島や沖縄になると完全に南の島になってくるので海も抜群の透明度を誇り、熱帯魚が泳いでいます。

 

南の島はリゾートも最高ですが、離島キャンプも負けず劣らず素晴らしい体験ができるので、ぜひいってみてください。

 

 

 

■キャンプ関連の人気記事



ふるさと納税でコールマンのテントがもらえる!
▼ふるさと納税でテントもらうなら『noma-style』▼

使わないキャンプ用品は売らないと損。
▼キャンプ用品の無料査定サイト▼

マウンテンシティ

関連ページ

関東・都心から行ける!無人島2つ+おすすめプライベートキャンプ場
毎年無人島キャンプに行っている筆者が、関東・都心から行ける無人島への行き方を紹介します。さらに、贅沢な島リゾートキャンプ気分が味わえる海チカ・1日1組限定のキャンプ場(グランピングサイト)についても紹介します
木の上に宿泊してみない?子供にも人気!ツリーハウスのキャンプ場
関東の栃木県にある、ちょっと珍しいキャンプ場『おだぎりガーデン』を紹介します。このキャンプ場の特徴は、なんといっても木の上に泊まれるツリーハウスがあること。子供の冒険心をくすぐるので、家族連れにもおすすめのキャンプ場です。
GW・夏休みでも空きあり♪キャンプ可能な四国の無人島・離島6つ
四国(愛媛・香川・徳島・高知)でキャンプができる無人島、離島を紹介します。もちろん行き方も紹介。GW(ゴールデンウィーク)・夏休みでも空きがあるところでキャンプをしたい!混雑しないキャンプ場で自然を満喫したい!そんな方におすすめです♪繁忙期でも混雑しなくて快適ですよ。
キャンプ&サバイバル体験に♪中国地方の無人島6選【行き方も】
無人島でキャンプ&サバイバル体験がしたいヒト向けに、中国地方(岡山・広島・島根・鳥取・山口)のキャンプができる無人島を紹介しています。島への行き方(チャーター船・渡船)の情報もあります。
意外と安い!関西・東海の海チカおすすめグランピングスポット3選♪
豪華なキャンプ(グランピング)ができる関西の兵庫県と東海の静岡県のグランピングサイトを紹介します。リーズナブルな値段で島リゾート気分が味わえますよ♪
自然を満喫♪直火・焚き火可能な関東のおすすめキャンプ場5つ
サバイバル体験がしてみたい方におすすめ!各サイトで焚き火・直火ができる神奈川・埼玉・岐阜・栃木・山梨のキャンプ場を紹介します。設備は充実していませんが、キャンプ場ではありませんが、自然の中で焚き火を見ながらリラックスできます♪
GW・夏休みに♪キャンプ・サバイバル体験ができる関西の無人島8つ
GW(ゴールデンウィーク)・夏休みのも空きがあるところで混雑を避けてキャンプがしたい人、無人島サバイバル体験がしたいヒト向けに、関西(大阪・兵庫・和歌山・京都・兵庫・滋賀)のキャンプ場を紹介しています。島への行き方(チャーター船・渡船)の情報もあり。
犬だってキャンプが好き♪ペットもOKな関東のキャンプ場はココ!
関東のキャンプ場の中から、ペット(犬)も連れて行けるおすすめのキャンプ場を紹介します。ワンコが喜ぶドッグランやノーリードで利用できるドッグフリーサイトもあり♪
GW・夏休み、予約を忘れた方へ。関西・関東の予約不要なキャンプ場3つ
繁忙期のGW(ゴールデンウィーク)/夏休みにキャンプ場の予約を忘れた方に。予約不要&低価格でキャンプができるキャンプ場を紹介します。ただ、これらのキャンプ場はどうしても混雑するので、それを緩和するためのコツも紹介します。
 
HOME テントお役立ち情報 おすすめキャンプ場 魅力&体験談