設営が楽&長持ち!キャンプ初心者にはスノーピークテントがおすすめ

スポンサーリンク

キャンプ用テントをはじめて購入する方には『スノーピーク アメニティドーム』がおすすめ♪

私は毎年キャンプにいっています。

 

それも、無人島やらなにもない原っぱやら、はたまた孤島の穴場キャンプ場だったりと、過酷な環境の場所でのキャンプに数多く行っています。

キャンプをした回数は100いくかもしれません。

 

そのため、キャンプ用テントも数多く購入・利用してきました。

 

そんな過酷な(変な?)キャンプをしてきた私がこれからテントを始める方におすすめしたいテントがスノーピークのドーム型テント。

 

 

重量8kg
キャリーバッグ(持ち運び時)サイズ74×22×25(h)cm
テント内部の高さ150cm
テント面積約3m×5m
定員4〜6人用
耐水圧約1800mmm

 

最初にお断りを。この記事は「自分がいま愛用しているテントいいよ!」という記事です。

 

なので、私と同じように、多少不便でも自然を満喫できるキャンプが好きで、テントはデザインより実用性とコスパ重視をする方向けの記事なると思います。

 

できるだけ客観的に書くつもりですが、愛ゆえに多少プラス補正がかかってしまっているかもしれません 笑。この点はご了承いただければと思います。

 


自然派キャンパーにスノーピーク アメニティドームをおすすめしたい理由

自然が大好きキャンパーにスノーピーク アメニティドームをおすすめする理由は3つあります。

 

  1. とにかく長持ち・丈夫&設営が楽
  2. コスパがよい
  3. 拡張性がある

 

 

それぞれ、どういうことかというと……

 

 

とにかく長持ち・丈夫&設営が楽

 

元々、スノーピークというブランドは登山などの本格的なアウトドアのグッズを作成・販売しているところです。そのため、テントが設営しにくい場所でも楽に設営できるようにテントの構造を考えられています。だから、スノピークのテントはキャンプがはじめてのかたでも簡単に組み立てられます。

 

また、山などの天候の変わりやすい環境、海岸など風が強い環境での使用を考えてテントを含めたグッズを作成しています。このことからスノーピークのテントは高品質で長持ちします。

 

スノーピーク アメニティドームはこのブランドの中でも特に耐風性/耐水性に優れているテントです。

 

 

耐風性

 

風の影響を受けにくいよう、テント高を低く設計されています。さらに、テントが受けた風を受け流しやすいような構造になっています。
このため、キャンプで強風がふいてもびくともしないので、使っていて非常に安心感があります。

 

 

耐水性

 

テントの耐水性=強い雨が降ってきた時の水の染み込みに耐える性能は、『耐水圧』という値で示されています。そして、この『耐水圧』が1500mmあれば、かなり強い雨でも水は染みこんでこないと言われています。

 

※(参考) 耐水圧1mm
   = テントの生地1平方cmの上に水を1mm積み上げた時に水が染みこんでくる性能ということです。

 

スノーピーク アメニティドームの耐水圧は1800mm。それも、テントのすべての場所でこの基準を満たしています。他のテントでは耐水圧は1500mmなどと書かれていても、それはごく一部だけということもあります。しかし、このテントはどの箇所でも1800mmを保証しています。

 

実際、私もこのテントを利用してから5,6回は豪雨に遭遇していますが、一度も染みこんできたことはありません。

 

設営が楽、かつ質がよい、というのはこのテントの1番のポイントです。

 

 

コスパがよい

 

2つめのポイントはコスパのよさです。

 

このスノーピーク アメニティドームは4,5人用のMサイズで、だいたい4万円前後の値段で販売されています。さすがにホームセンターに売っている安物テントよりは高いですが、耐水圧が1800mmあり、しっかりとしたブランドのものでこの値段のものはなかなかありません。

 

正直、なぜこの値段でいけるのか。この商品はスノーピークのテントの中でも1,2を争うくらい売れているので、1つあたりはそれほど高値にしなくても利益になるのかもしれません。

 

拡張性がある

最後のポイントである拡張性がどういうことかというと、このスノーピーク アメニティドームは他のスノーピークの商品と組み合わせることができるんです。

 

たとえば、メッシュシェルターと組み合わせるとんな感じになります。

 

『テントを、もっと大きな自宅のような快適空間にしたい』という時に、新たに大きなテントを買わないで既存のテントと別のパーツを組み合わせて大きなメリットだと思います。

 

『最初は数万円で購入、キャンプにはまってきたら追加で組み合わせのものを買っていく』ということをできるのはこのテントならではの大きなメリットです。

 

 

 

おすすめポイントまとめ

 

このテントにはこんな特徴があります。

  • とにかく長持ち・丈夫&設営が楽

     :テント設営に慣れていない方でも使いやすいし、高品質

  • コスパがよい

     :高品質のわりに、4万円程度とコスト控えめ

  • 拡張性がある

     :テント以外のものと組み合わせてどんどん大きくしていける

 

このような特徴があるので、私と同じようなハードめのキャンプが好きなキャンパーは気に入ると思います。

 

ただ、とはいってもこのテントが合わない人もいると思っています。では、どんな人にはおすすめで、どんな人には合わないのでしょうか?


スノーピーク アメニティドームはこんな方にはおすすめできません

  1. 設備の整ったキャンプ場以外ではキャンプをしない。
  2. 落ち着いた色より明るめの目立つ色のテントが好み
  3. すぐ壊れてもいいからとにかく安いテントがいい

 

スノーピーク アメニティドームのメリットは、総合的に高品質にできているので、ハードな環境で使っても壊れないし、不具合も起きにくいこと。そしてその割に値段が抑えられていることです。

 

でも、逆に言うと、質をあまり考えずただ安くしたホームセンターで売っているテントよりはどうしても値段がします。

※ホームセンターで売っている1万円前後のテントはすぐ壊れるので、長い目で見ると損します。「1回使えればいい!」と思って買うものと私は思っています。

 

 

また、実用性を重視しているためテントのカラーバリエーションもありません。個人的には落ち着いた色が好みなので好きですが、人によっては「地味すぎ!」と思うデザインかもしれません。

スノーピーク アメニティドームはこんな人におすすめ

おすすめしたい人は、こんな人です。

 

  1. 自然がすき。離島とか、設備があまりない原っぱのようなキャンプ場でキャンプする可能性ありな人
  2. 派手な色より、落ち着いた色合いに魅力を感じる人
  3. 最初はお試しで購入し、気に入ってから買い足していきたい人

 

わたしと似たような、

  • 自然が好きで、いろんな場所でキャンプをする
  • 最初の費用は抑えめで、はまってきてから追加で買っていきたい

こんな好みがある人には本当におすすめです。多少メンテすれば、ずっと使えますので。

スノーピークアメニティドームの設営方法【動画】

 

設営方法については、私があれこれ文章で書くより公式動画を見てもらった方がわかりやすいとおもうので、そちらを紹介します。

 

 

細かいところは正直覚えていられないと思いますが、「まぁ、それほど手順ややこしくないかな」くらい感じられればよいかと。

 

テントと一緒に説明書も届くので、基本はそれ見ながらやれば誰にでも出来ます。難しくありません。基本的には他のドーム型テントと同じような設営方法です。

【まとめ】私がスノーピーク アメニティドームを推す理由

実用性重視で、耐水性・耐風性が◎。
多少無理しても壊れません
様々なギア(パーツ)を組み合わせることで拡張していける自由度の高さも魅力です。
それでいて、そこまで高くありません

 

 

キャンプが初めてで、10万とかするテントを購入するのは非常にリスキーです。『大きなお金を使ったけど、けっきょくあまりキャンプしなかった』となる可能性がありますので。

 

その点、スノーピーク アメニティドームは、はじめは数万円の投資で、気に入ったら追加パーツを買って徐々に拡張していけるのが魅力です。コストと質のバランスが非常に良く、買って後悔はしないテントだと思います。

 

 

 

■古くなったテントやキャンプ道具を高く売る方法を紹介している記事
 >>中古テント・タープ売却に。キャンプ用品の高価買取目指すならココ!

 

 ※スノーピークのテントなどは古くなっても高く売れます。しかし、あまり高く売る方法が有名ではないと思ったので、その売り方を紹介した記事です。


ふるさと納税でコールマンのテントがもらえる!
▼ふるさと納税でテントもらうなら『noma-style』▼

使わないキャンプ用品は売らないと損。
▼キャンプ用品の無料査定サイト▼

マウンテンシティ

関連ページ

はじめてキャンプをするかたに!テントの種類・特徴と選び方
私の実際の体験をもとに、キャンプが初めてのかた向けにテントの種類(ドーム型、ツールーム型、ティピー(モノポールテント)型)・特徴と選び方のポイントを紹介します。主なポイントは設営が楽か・長持ちするか・価格はどれくらいのものがよいか。ここを詳しく説明します。
おすすめワンポールテント!ドッペルギャンガーT8-200の特徴
家族でのファミリーキャンプやはじめてのキャンプにおすすめのワンポールテント(ティピー型テント)、ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER OUTDOOR)の特徴やメリット・デメリットについて解説します。
特徴とメリットデメリット紹介。コールマンテント タフワイドドーム
初心者のかたや夏休みなどの暑い時期のキャンプにおすすめのドーム型テント、コールマン タフワイドドーム4/300の特徴やメリット・デメリットをまとめます。
知ってますか?キャンプ用テントはレンタル可能♪安くておすすめです
キャンプにはじめて行く方、キャンプ用テントの購入を検討中のかたで、お試しで使ってみたい方に。おすすめのキャンプ用品・グッズのレンタル店を公開します。さらに、それらを比較、おすすめのところを紹介。送料無料&キャンセル料無料のところもあります。
家族用テント比較 子供連れファミリーキャンプにおすすめなのはコレ
家族でのキャンプ用テントの購入を検討している方向けに、ファミリーキャンプにおすすめのテントを紹介します。テントのタイプ(ドーム/ツールーム/モノポール/ティピー)別に特徴を比較して紹介しますので、キャンプはじめてのかたも参考にしてみてください。
中古テント・タープ売却方法比較。キャンプ用品の高価買取ならココ!
使って古くなったテントやタープなど、長年使っていないアウトドアグッズを売る際に高く売るためのコツと方法を紹介します。
 
HOME テントお役立ち情報 おすすめキャンプ場 魅力&体験談